+゚☆゚+エイジレス美人に なる為に。+゚☆゚+。

シンプル美容やサプリメント等で、年齢にあらがうブログです♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱ケミな理由~界面活性剤って何?

前回 合成ポリマーについてブログに書いたことがありましたが

今回は 界面活性剤について、ちらっと書いてみます~


面白い実験のHPを見つけたので
興味のある方は見てみてください


<クレンジングオイル>と<食用油>の比較実験-----実験(1)
<クレンジングオイル剤>と<食器用洗剤>の比較実験-----実験(2)



界面とは、表面ともいいます。
界面(表面)とは、2つの性質の異なる物質の境界面のことです。
2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。

例えば、洗濯中の洗濯機の中を考えると、
水と空気の界面、水と汚れの界面、水と衣類の界面、汚れと衣類の界面、洗濯槽と水の界面、
のように、たくさんの界面が存在しています。

界面活性剤とは、

このような界面に働いて、界面の性質を変える物質
のことを言います。

水と油は、混じり合わないものの代表のように言われています。
混じり合わない水と油の間には界面が存在していますが、
界面活性剤は、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのです。







合成界面活性剤といっても、とても幅が広いです。

界面活性剤を作る原材料によって天と地ほどの製品レベルの差があります

安全レベルにも相当な差があるということですね。
(合成界面活性剤の種類は2000とも3000とも言われるくらい多い)

合成界面活性剤とは、それ自体が悪いというものではなく、
界面活性剤として使用した原料が何かによって良し悪しを判断すべき。
食べられる安全性の高い界面活性剤は、自然界に数多く存在します。(レシチン等)

自然水分と油分の両方を原料とするシャンプー、洗剤、化粧品などに必ず使用されるもの、
それが界面活性剤なのです。



界面活性剤の種類ですが、大きく分けると次の5種類程度に分けられます。


●アミノ酸系 ●ベタイン系 ●硫酸系 ●脂肪酸系 ●高級アルコール系など。

この中で、アミノ酸系とベタイン系は天然から作られ、それ以外は石油などから生成されます。

皮膚のサイクルが約28日間と言われるのはこの表皮の生理機能を言っていますね。

よく”皮膚バリア”と言いますが、

これは皮膚にとって異物となるものの浸透を表皮が自己防御していることです。

しかし、界面活性剤は、

このバリアゾーンを通過して真皮から血液に浸透し、体内に吸収されてしまいます



表皮には水の層と油の層がありますが、

元来、混じり合わない水と油を乳化させる成分である界面活性剤

この表皮のバリアゾーンを簡単に通過してしまいます。

このように、皮膚から体内に吸収されることを経皮吸収と言います。

医薬品などもこの経皮吸収を利用した商品がいくつもあります。

これに対し口から体内に入ることを経口吸収と言います。


*表示によく出ている合成界面活性剤の略式名*

・ラウレス… ポリオキシエチレンラウリルエーテル(ヤシ油アルコールの分別蒸留によって得られるラウリルアルコールを原料としたもの)

・パレス…… ポリオキシエチレンアルキルエーテル(陰イオン性界面活性剤で、合成アルコールに酸化エチレンを付加重合したもの)

・Na……… 塩(酸とアルカリが結合してできたもの。塩化ナトリウムは塩酸と水酸化ナトリウムが中和反応をしてできた塩である)

・TEA…… トリエタノールアミン(アンモニア水と酸化エチレンの反応によって得られるアルカリ剤)

・DEA…… ジエタノールアミン(用途・性状ともにTEAと同じ)

・MEA…… モノエタノールアミン(用途・性状ともにTEAと同じ)

・PPG…… ポリオキシピロピレンセチルエーテル(セタノールに酸化プロピレンを付加重合して得られる非イオン性界面活性剤)


*要注意の合成界面活性剤の成分*

◎ ラウリル硫酸Na
◎ スルホン(スルフォン)酸Na
◎ ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
◎ ラウレス硫酸Na
◎ キシレンスルホン酸アンモニウム
◎ パレスー3硫酸Na
◎ パレスー3硫酸アンモニウム
◎ ラウリル硫酸アンモニウム


商品の裏面に、硫酸またはスルホン酸などと書かれていたら要注意!
タンパク変性を起こす成分で人体、環境にも好ましくない。




*全成分表示の見方*

成分表示の順番は、使用量の多い順に表示されています。
化粧品は、主に水と油の両方を原料として使用しますが、
一般的に一番多く使われる成分はです。

通常、表示の一番目は水と書かれています。
この水も水道水、精製水、純水など、メーカーによって種類は若干異なりますが表示名はすべて水です。
このように原料や抽出方法に違いがあっても、表示名を同一にすることが日本化粧品工業連合会によって定められています。
香料などの成分も、天然のものであってもそうでなくても、
香料という同じ名称で表示することになっています。
(こだわりの成分を入れているメーカにとっては実に不利に出来てますね)

表示の上位を占めるものは界面活性剤です。
その中で、特に注意しなければならないものに硫酸を使用した界面活性剤

これは強いタンパク変性を起こす成分で洗剤などにも多く使用されます。
(こんなシャンプーを使っている人はすすぎをちゃんとしないと大変!)
商品の裏面表示に硫酸やスルホン酸などの表示があったら要注意!


また、化粧品の認可上重要なことの一つに品質の安定があります。
この安定の目的のために、様々な防腐剤などを使用し一定の品質を保っています。
これらも安全性からすると要注意項目です。
全成分表示を見て、すべてを把握するのは困難ですが、
自分の基準で確かな商品を選ぶことがより大事になってきます。



合成界面剤の他にも、防腐剤、酸化防止剤、抗菌剤、金属封鎖剤 など色々な物が

市販の大半のシャンプー、リンス、化粧品、洗剤などに添加されています

表示を見てみると 合成界面剤やその他の物ばかりで

思っていた成分が微量というものも少ないないと思います

美容や健康面等を考えて、可能な限り入ってないのが望ましいと思います

アンチエイジングしているつもりが

自分の皮膚のバリアー機能を壊して、

さらに老化現象を促進させている

という結果になっていたら本末顛倒ですものね(苦笑)






自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典





左サイドMenu

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

閲覧

プロフィール

しとりん

Author:しとりん
自分自身が使ったコスメ等の感想などを
自分なりに解釈して書いておりまする。(Г・∀・)



フリーエリア

フリーエリア

手作り石鹸・手作り化粧品の材料
bunner_s.jpg
オレンジフラワー

アイシス・オーガニック生活便

手作り化粧品材料 マンデイムーン

アロマティックライフ魔法の石鹸.

自然化粧品研究所

手作りコスメ素材の店「ぴのあ」


手作りコスメ素材の店「ぴのあ」
SPF50のUVカットパウダー
関連記事

オーガランド - ogaland -

手放せない~

【むくMix-ZERO】

文化鍋

これでご飯炊いてます
ふっくらで美味しい♪

亀印文化鍋20cm (5合) 10P14Sep09
関連記事

コーヒー屋さん 田代珈琲株式会社

ピエール・エルメ

グレープシードオイル

コレステロールが溜まりにくい油
まとめ買いしています

関連記事

スティッチ♪

炭草花 ブーツキーパー 

炭の日本猫


炭で出来てるにゃんこの置物!

JETOY(choo choo)

むっちゃカワエエ~萌

神との対話

最近ハマって読んでいます

神との対話

キング・オブ・ポップ マイケル!

THIIS IS IT 観てきました!
MJ最高です!!



キングオブポップ!

最近のコメント(エントリー別)

データ取得中...

右サイドメニュー

ピクミー

Lc.ツリーカテゴリー

FC2カウンター

Easyタグクラウド

ブログ

sozaiやさん達


cherish
bnanime2.gif
アップル パイン
banachawantan.gif
素材やぽんぽん

フリーエリア






コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ

PING送信プラス by SEO対策


marippeさんのお肌ぷるぷる組合♪
1259054812.jpg
marippeの”キレイ女子”ブログ

検索フォーム

ページランギング

ブログパーツ

最新トラックバック

フリーエリア


QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。